線維筋痛症

線維筋痛症は、体のあらゆる部位に起こる激しい慢性の疼痛(痛み)と「こわばり」ですが、その他に激しい疲労感や倦怠感、頭痛・頭が重い、落ち込んだ(抑うつ)気分、不安感や不眠などいろいろな自覚症状を伴います。

 診察では、体のある部位を親指で押さえると、痛みが発生しますが、各種検査も含め明らかな異常のない原因不明の比較的発病頻度の高い、そして難治性であると言われています。日本では人口の約1・7%にみられ、おおよそ200万人の患者がいるとされており、男女比1対5〜8、年齢30〜50代と中年女性 に多いのが特徴です。

 

 西洋医学では、痛み止めのノイトロピンを基礎薬として、随伴症状によって抗うつ薬と新型抗てんかん薬(抗けいれん薬)が処方されます。

 

 しかし、西洋医学の治療だけではなかなか症状が改善しない例も多いのが現状です。

 

診断が難しい、線維筋痛症!

繊維筋痛症は、特にこれと言った臨床検査が有るわけではなく、身体の特定の部位に圧痛(決められた力で押すことによって痛みが出ること)があること以外診断方法がありません。

しかし、この圧痛部位には症状の全くない方でも圧痛が出やすく、決め手にはなりません。これまでの痛みの経過を詳しく辿り、痛みの性質や、それ以外の症状を総合して判断しなくてはなりません。そのため、未だに整形外科や内科においても、この病気が見つけられることは珍しいわけです。原因不明の痛みのなかには、この繊維筋痛症が多く含まれていると思います。

 

アメリカリウマチ学会での診断基準はこのようになっています。

http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/rm120/kouza/senikintsu-1.html

痛みを慢性化させない!

おおよそ2〜3ヶ月続く痛みや、怪我が回復したあとに1ヶ月以上続く痛みを慢性疼痛と言います。


痛みが慢性化すると痛みを感ずる神経系が過敏な状態となり、本来ならゼロか、あるいは気にするほどでもないレベルになっている痛みのサインが、強く感ずるようになります。長く続く痛みは更に精神的に悩むことになり、それが脳の痛みの中枢を興奮化させ、痛みを長期化させます。

さらには、痛み以外の精神的な悩み(生活問題や人間関係など)が、痛みを強くする原因にもなっています。

 

線維筋痛症は、そのような慢性化した痛みの顕著な例です。痛みをそのまま放置しておくと、誰でも発症する可能性があるわけです。

線維筋痛症は鍼灸の得意分野!

施術.jpg

 西洋医学では思うように治療効果が得られない線維筋痛症ですが、実は鍼灸は得意とする分野なのです。

 線維筋痛症は身体の酷使や精神的ストレスが原因です。最初はある一部分の痛みであったものが長期にわたり症状が続くと、脳で痛みをコントロール出来なくなってきます。実際には痛みが無くなっているのに痛みのサインが出し続けたり、小さな痛みのサインが増幅されてしまいます。鍼灸は全身の緊張をほぐして脳や自律神経の働きを正常にして、痛みが取れやすい状態を作り出します。

 そして、痛みの出ている周囲の筋肉の凝り(これが痛みの大本なのです)に繰り返し鍼をすることで徐々に痛みが出なくなってきます。この症状の出ている周囲の筋肉の凝りを繰り返し治療することが一番重要なのです。

 

 長い間続く痛みは、鍼灸治療中も、あっちが治まればこっちが痛む、こっちが治まれば次はあっち と50歩進んでは20歩下がるのように一進一退です。でも、治療を続けることで確実に痛みに強い身体になっていきます。

 

 

線維筋痛症の症例

 

  • I.Kさん(背中の痛みに8年間耐えた)の場合                                   8年前に背中が痛くなった。徐々に痛みが強くなり寝ていても、何をしていても痛くなってきた。仕事に支障が来たし退職した。整形外科を数軒受診したが原因不明であった。金沢大学付属病院整形外科に3年前より受診しはじめた。やはり原因は不明である。そのうち左側腰臀部が痛くなってきた。それが治まると今度は右側臀部が痛く、酷くなると大腿後側まで痛くなってくる。MRI撮影では左側に軽度の腰椎椎間板ヘルニアがあり左側腰臀部の説明はできるが、右側の痛みは分からないと言う。背中の痛みは良くなったり悪くなったり一進一退と言ったところである。ご主人から勧められて当院を受診。背中・腰部等を診察すると筋肉の凝りが酷い。繊維筋痛症の圧痛点を確認すると8割方反応が出ている。発症頃の話を聞くとかなりの精神的ストレスがあったそうである。鍼治療は腰背部を中心に凝りを緩めるように刺鍼していった。初診の後は凄く疲れたようだが2回目からはそうでもない。治療後スッキリとする感じである。暫くは週2回のペースで治療をする。約1ヶ月後、全体として軽いが長く立っていると腰背部が重苦しくなる。筋力もかなり落ちているのでまずは歩くことから始めようとウォーキングを勧める。3ヶ月後、時折鈍痛もあるが落ち着いているようである。週に1回のペースで治療を継続している。                                                                                                                      
  • O.Tさん(肩・背中・腰が痛む)の場合                                       2年半前のある日、腰に強い痛みが出てきた。整形外科を受診するがレントゲン・MRI撮影では特に異常は見られなかった。鎮痛剤・湿布薬で様子を見ていたが痛みは楽にならなかった。仕事はどうにか続けていたが、3ヶ月を過ぎた頃より肩・背中にも強い痛みが出てきた。他の整形外科を受診したが頚がやや真っ直ぐになっている(本来はやや前にカーブしている)と指摘されただけで、他に特に異常はみられなかった。そのうち痛み全体が強くなってきて仕事にも支障が出てきた。仕方なく仕事は休職している。友人に総合病院の神経内科を奨められ受診すると、繊維筋痛症と診断された。服薬と安静でやや痛みは和らいできたが、復職するには無理であった。メディアで鍼灸治療が効果的だと言うことを耳にし、当院を受診した。身体を診ると全体が凄く強ばり、筋肉の凝りが沢山見られる。仕事・家庭のストレスもあるようで、不眠気味である。週2回で通院を開始する。3週間後眠りやすくなってきた。それとともに痛みも和らいできたように思える。座って本を読んだり続けることが出来るようになってきた。3ヶ月後、軽作業であれば出来るようになってきた。5ヶ月経過後、復職した。まずは半日から復帰する。7ヶ月後フルで仕事が出来るようになった。日によっては痛みを感ずる日もあるが、全体的には安定している。現在、週1回の施術で身体全体の調整をして、症状の再発を予防している。い。                                                                                                                

お問い合わせ先

お気軽にご相談ください
0761-21-8409

受付時間 :
 9:00〜12:00 /15:00〜20:00

木曜午後・日休診(祝日は診療)

    完全予約制

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る