健康保険を使っての鍼灸治療について

鍼灸治療は医師の同意診断書が有れば、健康保険での治療が受けられます。

但し、一部の健康保険では鍼灸を認めていただけない場合があります。

※小松市周辺では、「小松製作所健保 小松精練健保」が鍼灸治療を保険で認めていません。ご注意下さい。

同意診断書の書類は当院にございます。


保険対象となる疾患は次の通りです。

下記疾患で、医師による適当な治療手段のないものが対象となります。

五十肩
頚腕症候群
腰痛症
神経痛、
リウマチ
頸椎捻挫後遺症(むちうち症)
その他痛みの整形外科疾患

保険治療を受ける上でご注意頂きたいこと

同意診断書に書かれた病名・症状病院・整骨院での治療は受けないで下さい。鍼灸治療を受けている期間、病院・整骨院との併用は認められていません。もしうっかり受けてしまうと、患者さんにあとで治療費をお支払い頂くこととなります。(鎮痛剤・湿布薬も×です)

鍼灸治療継続中でも検査を受けることは認められています。疑いがある場合は、こちらから専門医検査依頼・セカンドオピニオンとして診察依頼いたします。

当院での保険開始前投薬(鎮痛剤・湿布薬など)を受けていた場合、投薬を受けた日から投薬日数を算出し、日数が過ぎるまで保険の手続をお待ちいただきます。

 初診時に、今の症状で、いつ病院にかかったか? どのような治療を受けたか? お薬は何が出たのか? 何日分出たのか? お訊ねいたします。ご協力お願い申し上げます。

保険治療の手続の流れ

当院へ電話にて予約してください。

      ↓

来院していただき診察し、鍼灸が適応する状態か、保険が使える疾患か判断します。

      ↓

主治医に診察を受け、同意診断書を発行して頂きます。

      ↓

同意診断書をお持ち下さい。治療開始となります。

交通事故での治療のかかり方

自動車事故での治療鍼灸治療は認められています。

追突事故では、首・肩・腰を傷めやすいです。

このような痛みは、筋肉・靱帯、希に神経を傷めているため、電気を当てている、マッサージをすると言ったことでは、なかなか回復しません。

鍼灸治療、特に鍼治療は、筋肉・靱帯・神経の傷の回復にとても効果的です。

 

また健康保険と違病院との治療と併用することも可能です。また、他院からの転院も出来ます。現在も当院にて治療中の方が何人かいらっしゃます。

 

病院・整骨院等の治療でなかなか思うように改善のみられない患者さんは、一度ご相談下さい。

▲このページのトップに戻る