椎間板ヘルニアの執刀医を探す

痛みが強い、筋力が落ちてきたなど、いろいろな理由で手術を考えなければ行けない場合があります。その時、診断を受けた病院で、手術をしてもいいのか、迷うことがあると思います。

まず、考えなければいけないのは、そのドクターの専門が何なのかと言うことです。同じ整形医外科医でも脊椎・膝関節・股関節・手・肩・足・・・・・それぞれ専門を持っています。

脳神経外科医でも、脳疾患・脊椎疾患・・・専門があります。

また、執刀数はどれぐらいでしょうか?

出来る限り、執刀数の多い方が良いです。

あと、同じ腰椎椎間板ヘルニアでも得意な手術法があります。従来のLOVE法、顕微鏡下手術、内視鏡を使ったMED法、レーザー治療のPLDD法。

内視鏡を使ったMED法・レーザー治療のPLDD法は、傷も小さく、回復も早いですが、全ての椎間板ヘルニアに適応と言うわけにはいきません。

その点は、主治医や執刀医とよく相談の上、決める必要があります。

執刀医を捜そう!

椎間板ヘルニアの手術は、整形外科医だけでなく、脳神経外科医も行っています。

整形外科医だけにこだわらず、脳神経外科医も選択することができます。

 

椎間板ヘルニアをはじめ、脊椎の手術の専門医は、かならずどこかの学会に入っています。そして手術を行うドクターは、その学会の指導医や専門医 あるいは、認定医になっています。

そのなかで、指導医は、ある一定以上の手術をこなし、他のドクターを指導する立場にあります。

まずは、ご自分の住んでいる場所か、通院できそうなエリアで、そのような専門のドクターを捜しましょう。

下記のリンクしたホームページから捜すことが出来ると思います。

 

日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

 

日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医


日本低侵襲脊椎外科学会


日本脊髄外科学会


日本脊椎・脊髄神経手術手技学会


日本脊椎脊髄病学会

 

次にそのドクターが、どれぐらい手術を行っているかが重要になります。

近頃はどの病院でも手術の実績を公開しています。

それを参考に執刀医を決めると良いでしょう。

ただし、あまり人気が有りすぎて、ずっと先まで予約でいっぱいということもあります。椎間板ヘルニアや脊椎疾患では強い痛みが伴うことがありますので、あまり長く待っていることはできませんので、そこは考慮して選択する必要があります。

▲このページのトップに戻る