交通事故でのむちうち症は鍼治療で

交通事故の「むちうち症」は頸椎捻挫の俗称ですが、同じ捻挫なのに何故足の関節捻挫のように早く治らないのでしょうか?

それは、一つには首には大事な神経が沢山走り、また神経の大本のを支えていると言う構造があります。レントゲン写真では、なんら異常が見られないのに「首が回らない、頭痛がする、吐き気がする、耳鳴りがする」。これはら、みな首を走る神経の症状です。

 

また、自動車での衝突では、殆どにも衝撃を受けています。しかし、首の症状が強いために、の症状が隠れていることが殆どです。

 

は、椎間板ヘルニア・腰痛でも説明している通り、脊柱土台となる所です。の治療をせずして、症状のある首ばかりを触っていても、なかなか症状の改善が望めません。

 

当院では、「むちうち症」の治療方針として、腰を治すことを同時に行います。土台となると、症状のあるを治療することで、完治することが可能となります。

 

 

 

 

交通事故の治療は保険で!

鍼灸治療交通事故での保険治療が認められています。

まずはご連絡下さい。その後のお手続きの方法をお知らせいたします。

お問い合わせ先

お気軽にご相談ください
0761-21-8409

受付時間 :
 9:00〜12:00 /15:00〜20:00

木曜午後・日休診(祝日は診療)

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る