ファシアスリックテクニック


    DSC01523(リサイズ カット).jpg


グラストンテクニックは、20数年前に米国においてアスリートによって発案開発された施術方法です。専用の器具(以下、インストゥルメントと呼ぶ)を用いて皮膚を擦り、筋膜の乱れを整えます。米国では、多くの理学療法士PT・アスレティックトレーナーATC・カイロプラクターDCに利用され、アスリートから高齢者まで目を見張る臨床効果実績をあげています。特にアスリートが日々抱える、急性及び慢性軟部組織損傷に対する効果的な治療が可能なのです。

現在は、グラストンテクニックジャパンがアメリカ本社から独立し、オリジナルのインストルメントと独自トレーニングプログラムを開発し「ファシアスリックテクニック」として提供しています。

ファシアスリックのファシアとは、「筋膜・腱・靱帯などの膜」を意味し、スリックとは、「滑らかにする」を意味します。


頚椎捻挫/挫傷(頚部痛) 腰部捻挫/挫傷(腰痛) 手根管症候群(手首痛) 足底腱膜炎(足裏痛)外側上顆炎(テニス肘) 内側上顆炎(ゴルフ肘) 回旋腱板症(肩関節痛) 膝蓋大腿障害(膝痛) アキレス腱炎 線維筋痛症 瘢痕組織 トリガーポイント 過労性脛部痛(シンスプリント) スポーツ選手のコンディショニング 各種スポーツ障害どこれらの疾患に大変有効です。

 


ファシアスリックテクニックは筋膜や筋肉、腱、靭帯といった軟部組織の治療のために発明された技術です。我々のカラダは筋肉だけでなく、骨、腱、靭帯、内臓器官、血管、神経などのあらゆるものが「膜」で包まれてています。「膜」は上記の構成要素をそれぞれの適正な場所に位置するように支えている組織です。人間の骨格は実は、その膜が支えているわけです。「膜」の主成分はコラーゲン繊維と弾性繊維が合わさったものでできており、伸縮性に富んでいます。「筋膜」を例にすると、姿勢の乱れなどからくる緊張や血行不良、もしくは筋肉の使いすぎによるストレスなどによって短くなったり硬くなったり、癒着を起こしたりします。それらの癒着を取り除き、血液・リンパの循環を改善して痛みや疲労を除去する画期的な治療方法です。




インストゥルメント(リサイズ).jpg

ファシアスリックテクニック のインストゥルメントは、人間工学に基づいてデザインされ、傷害された部位にフィットするように数種類の形状が用意されています。そのインストゥルメントは、皮膚上を滑らすと施術者の手に響き、筋膜の異常が感知されるようになっています。インストゥルメントの特性は、音楽の音叉によく例えられます。小さな異常が増幅されて、術者の手に響き伝わるわけです。



 


ファシアスリックテクニック公式ホームページ


グラストンテクニックジャパン公式ホームページ

筋膜の癒着が原因となる。

筋膜の癒着・乱れ:全身の筋肉は「膜」で包まれています。この膜は「筋膜」と呼ばれます。怪我で痛いところや関節の可動制限があると筋肉を十分に動かすことが出来ずに筋膜の癒着が積み重なっていきます。また、長時間同じ姿勢でいることも筋膜の癒着の原因となります。この蓄積は自然治癒力をもってしても解消できません。また筋肉を使いすぎると、筋膜がササクレ立って乱れてきます。また慢性的な炎症も筋膜の乱れを起こす原因です。

 

◆ファシアスリックテクニックの適応する傷害
内側上顆炎(野球肘)
外側上顆炎 (テニス肘)
手根管症候群
首の痛み
足底筋膜炎
肩腱板炎(肩関節の痛み)
膝蓋腱炎
後脛骨筋腱炎
かかとの痛み/アキレス腱炎
De Quervain症候群 (腱鞘炎)
手術後および外傷性瘢痕
筋筋膜痛(腰痛・肩痛など)
捻挫/緊張から関連する慢性関節腫脹関連
靭帯捻挫(足関節・手関節の捻挫など)
筋緊張
筋挫傷(肉離れ)
非急性滑液包炎
RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)
背中の痛み
ばね指
股関節痛
腸脛靭帯症候群(ランニング膝など)
シンスプリント(脹ら脛内側の痛み)
慢性足関節捻挫
急性足首捻挫
瘢痕(外科、外傷)

◆禁忌
開放した傷
感染症、腫瘍
ペースメーカーなどの埋め込み部位
 深部静脈血栓症

 

 ※筋膜癒着の強い所・部位によっては施術後、赤く皮下出血が起こります。 また、施術後一過性の筋肉痛が起こる場合もあります。何れも筋膜の癒着や可動制限が解放されたことによるものであり施術が効果的であったことを示すものです。1〜2日で消えていきます。

ファシアスリックテクニックは完全予約制です。

 

              ファシアスリックテクニックは、保険対象外となります。

 

料金:1部位ごと 1,500円〜 (保険一部負担金は別途)
所要時間:必要に応じて5〜20分間

 

お問い合わせ先

 

お気軽にご相談ください
0761-21-8409

受付時間 :
 9:00〜12:00 /15:00〜20:00

木曜午後・土日休診(祝日は診療可)

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る