変形性膝関節症の痛み

先日、石川県鍼灸マッサージ師会の学術研修会「変形性膝関節症」を受けてきました。

講師は白山市の下崎整形外科院長の下崎英二先生です。

下崎先生のお話では、人工膝関節置換術の動画を交えた興味深いお話でした。

 

さて、我々鍼灸院にも膝の痛みを訴えて来院される患者様がいます。

変形度合いはいろいろです。

整形外科では老化による軟骨の磨り減りが原因と診断されていることが多いです。

ところで、軟骨は痛みを感じるのだろうか?

と思うのだが、どうだろ?

実は軟骨自体は痛みを感ずる神経の分布は多くはないのです。

では、痛みを感じているのはどこ?

痛みを感じているのは関節包(関節を包む袋)や筋肉の腱であることが多いです。

鍼灸治療では、関節包や筋肉の炎症を鎮め、緊張を和らげて痛みをとります。

特にお灸は効果的です。

痛みをいつまでも放置してはいけない

痛みを放置していると、痛みが取れにくくなります。

痛みを感じやすい脳状態になり

2・3の痛みのレベルぐらいのものが9であったり10に感じるようになります。

また、痛みがあると脳が勘違いを起こし

常に痛みを感ずるようになってきます。

そこが慢性化した痛みの厄介な点です。

そういう状態が1年 2年 経ってくると、何が痛みの原因なのか分からなくなってきます。

そうならないためにも痛みを感じたら早く痛みを取る治療を受けることです。

やはり仙腸関節

やはり仙腸関節ですね。

腰痛や下肢の痛み、痺れを訴える方の全てに、仙腸関節周囲の腫れ・強ばりが見られます。

反応の出かたも様々です。

目で見ただけで盛り上がるほど腫れている方もいれば

表面上はそうでもないですが、少し圧を加えて指で探ると固い繊維化した物が存在する方もいます。

「先生、それって骨を押さえてるから痛いんじゃないですか?」

と訊かれることがありますが

骨の上にのっている薄い筋肉からの痛みです。

症状のないグッドな腰は、押しても触っても痛くはありません。

仙腸関節です

sentyou.jpg脊椎(背骨)の土台となっている仙骨と腸骨です。

仙骨と腸骨を繋いでいる部分を仙腸関節と言います。

ここは靱帯で繋がれた固い関節です。

一般には動きがないこととなっていますが、実際にはわずかな動きがあります。

1〜3mmぐらい。

ここの動きが固すぎても、緩すぎても、良くはありません。

腰痛や椎間板ヘルニアの原因となります。

仙腸関節は、車のショックアブソーバーのようなもので、衝撃を吸収しているのですが、

固すぎると上の腰椎に負担がかかってきます。

柔らか過ぎると安定性がなく、これも腰痛や脊柱疾患の原因となります。

この仙腸関節をしっかりさせることが治療のポイントになります。

症状の出ている直接的な部位へのアプローチとともに

土台となる仙腸関節の動きを改善させることです。

帯状疱疹後神経痛と鍼灸

帯状疱疹(水ぼうそう)になった後に神経痛が続くことがあります。

これは帯状疱疹の初期に、神経に強い炎症が起こったために起こると考えられています。

当院に通院中のMさん(85歳)は、症状が出てから病院へ行くのが遅かったようで、かなり強い症状だったそうです。

神経痛の症状は、背中から腕にビリッと強い電撃痛が走ります。

特に冬場になると強く、出る回数も多くなるそうです。

外科・ペインクリニックを受診したようですが、あまり強い痛み止めを処方することもできず、様子見となったようです。

鍼灸治療を開始後は、以前より痛みの強さも弱まり、回数も減っています。

テニス肘(上腕骨外則上顆炎)をご存じでしょうか?

テニス肘(上腕骨外則上顆炎)をご存じでしょうか?

テニスを頑張る人だけでなく、中高年で手を良く使う人が良くなります。

物を持ったり、タオルを絞ったりした時に、肘の外側にビリッと痛みが走るのが特徴です。

これは、前腕の筋肉が硬く柔軟性が無くなったたのが元の原因です。

筋肉のくっついている骨の所で、筋膜や腱が炎症を起こします。

先日より来院されている51歳のYさんは、2ヶ月程前からこの症状に悩まされています。

最初は整形外科に通院し痛み止め・湿布薬で様子を見ていたのですが、段々酷くなってきたようです。

それで、たまりかねて鍼灸をしてみようと思ったようです。

3回目の受診で、かなり痛みが和らぎ、ビリッと来る痛みはなくなったようです。

今は力仕事をした後に、鈍痛が出ています。

治療のポイントは患部(肘〜前腕)だけを治療していても症状の改善しにくいことです。

肩・肩胛の周囲にも刺鍼のポイントを求める必要があります。

テニス肘の場合、肩・背中に頑固な筋肉の凝りが出来上がっています。

 

 

追記:本日の来院では、自覚症状はないようです。肘の外側を押すと痛みがまだありました。

全日本鍼灸学会近畿支部学術集会

 昨日は大阪府吹田市の明治東洋医学院での近畿支部学術集会に出席してきました。

特別講演は、明治医療大学教授である川喜田先生です。

以下に、先生のお話の内容をかいつまんで紹介させていただきます。


 ドイツでは、2000年12月〜2005年3月の間に1万人の医師と、30万人以上の患者さんが参加した大規模な鍼治療の研究が行われました。

この研究が世界的に一番規模の大きなものです。


研究の内容は、腰痛や膝痛、片頭痛、禁緊張性頭痛などの症状に対して効果、有効性、費用対効果、安全性など様々な角度から臨床試験です。

結果として、腰痛、変形性膝関節症、偏頭痛、筋緊張性頭痛の患者さんに対して鍼治療の効果が確認されました。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の投与よりも有効性が示されています。

 安全性に関しては、0.8%の患者さんから副作用的な指摘が報告されたそうですが、いずれも軽度なものでとても安全性の高い治療であることが報告されています。

 かたや現代医学のスタンダードな標準治療でのNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の投与では、胃腸出血や潰瘍、気管支喘息、肝障害、腎臓障害が起こることは有名です。

場合によっては命に関わることもあります。

 

 

 

以上

ランニングシューズモデルチェンジの季節

今年もランニングシューズのニューモデル登場の時期がやって来てます。

毎年、必ず新しいモデルが出てきますが、これといって目新しいことはないと思います。

デザイン・色で目先だけを変えているのが現状です。

ここ1〜2年は、ミズノが良いです。

以前はアシックスが良かったのですが、最近は残念なことになっています。

ナイキは最悪です。

 

29日に小学会で大阪に行ってきます。

その際、ショップを覗いて、今シーズンモデルをチェックしてくる予定です。

脊柱管狭窄症と鍼灸

先月下旬から治療している脊柱管狭窄症の女性(73歳)の方です。

10月半ばから立っていると、臀部から膝下に痛みが出るようになってきました。

痛みのため歩くのもやっとです。

その2日後からは座っていても痛み、日によっては寝ていても痛いぐらいに悪化したようです。

以前から背中や肩の痛みで鍼治療を時々受けていたので、鍼が良いのではと早速受診されました。

念のために整形外科でMRI撮影をするとL4−5のレベルで狭窄がありました。

鎮痛剤も服用したのですが、目眩(目まい)がするようで、服用を中止し、鍼灸治療だけにしました。

最初の数日は一進一退でしたが、2週間もすると長く立っていない限り足に症状が出ることがなくなりました。

今ではたまに足に鈍痛が出るぐらいにまで回復しています。

やはり早く治療を開始したのが良かったんでしょうね、本人もあの時の痛みを思うと驚いています。

以前からの治療経験から、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などによる坐骨神経痛は、症状が出てから半年以内に治療開始したものは、治癒する確率が高いです。

パイオネックスの威力

9月13日「白山白川郷ウルトラマラソン」に出場してきました。

標高約1500mを登るこのコースはとても過酷です。激坂の連続で後半になると足が攣る恐れがありますが、足三里・承山・伏兎・風市と後弱い膝周りに「セイリン パイオネックス」を貼っておいたお陰で、足が攣ることなく完走できました。

あらためてパイオネックスの威力を実感しました。

椎間板ヘルニア 症状の出る人と、出ない人

毎日、様々な患者さんを診ていると、椎間板が出ているのに、症状のある人と、ない人がいることに良く遭遇します。

椎間板ヘルニア特有の神経痛は、神経が圧迫されて、そして神経が炎症を起こして、はじめて引き起こされるのでしょう。神経を圧迫+何か?

その何か?は、疲労や精神的ストレス、風邪などでしょう。

そして、神経の炎症が無くなり、腫れが引けば、症状はなくなるわけです。

整形外科でも、全ての椎間板ヘルニアが

 

椎間板ヘルニア
手 術

とはなりません。その殆どは、手術をしない保存療法を選択します。安静を第一に、服薬・注射が一般的です。しかし、それではなかなか症状が取れないようで、鍼灸治療を選択する方が多いです。

鍼灸は椎間板ヘルニアに良く効きますが、発病から時間の経過したものは、改善が難しいです。おおよその目安として、6ヶ月でしょう。

第41回現代医療鍼灸臨床研究会に参加して(不妊治療)

4月29日、東京で行われた現代医療鍼灸臨床研究会に参加してきました。今回のテーマは不妊治療!少子化が問題されている昨今の事情にマッチしたテーマでしたね。

ところで、鍼灸治療は不妊に効果があるか?と言うわけですが・・・・・・。対外的に納得させるには、まだまだデータが足りないように思います。それと鍼灸単独では難しいでしょうね。

鍼灸で期待できるのは、@月経痛の改善 A月経不順の改善 Bリラクゼーション効果 C冷え性の改善 でしょうか。@Aは、腰・腹部の刺鍼で、骨盤内の血液循環の促進・骨盤内臓器の機能促進で期待できると思います。Bは、身体全体の凝りを解すように治療することで、リラックスできるようになれるでしょう。Cは身体全体の刺鍼 特に腰部・下肢への刺鍼で効果が得られると思います。

 

私は、鍼灸は不妊治療の補助ぐらいに考えたほうが良いと思います。積極的な治療というよりは、「種を蒔く畑を耕す」と言ったところでしょうか。

交通事故セミナーを受講して

 先日大阪で行われた交通事故セミナーを受講してきました。鍼灸院をはじめ整骨院等には交通事故に遭われた患者さんが来院されます。交通事故での怪我を一般には交通傷害と言います。交通傷害では普通、自賠責保険や任意自動車保険が使われますが、そのシステム自体を我々治療する側の人間は分かっていません。なぜなら、所属する鍼灸師会では交通事故に関する講習がないからです。殆どの治療院の先生の話されることは、先生の経験や人から聞いた知識だけなのが事実です。私自身もそうでした。

 そのようなわけで一度、しっかりと専門家の話を聞いてみなければならないと思い大阪に向かったわけです。今回の講師である弁護士大久保八州彦先生は法律事務所オーセンスの所属です。29名いらっしゃる弁護士の中でも1番の交通事故スペシャリストです。交通事故の現状から始まり、自賠責保険と任意自動車保険との違い、支払額の決定されかた、保険会社から途中で治療を中止するように宣告された場合の対応のしかたなど 多くの学ぶことがありました。

 

全日本鍼灸学会中部支部学術集会

先日、富山市で行われた全日本鍼灸学会中部支部学術集会に参加してきました。

一般講演も聞き応えのある演題でしたが、教育講演2の戸ヶ崎正男先生「任督脈を用いた全体調整」は大変興味のある内容でした。

内科的な症状では任脈上の経穴で、整形外科的な症状(たとえば腰痛・肩の痛みなど)は督脈を使って治療するものです。

身体にはいくつもの経絡(ツボの流れ)があるのですが、その中で任脈と督脈は全ての経絡をコントロールするわけです。

その任脈・督脈を整えると全ての経絡のアンバランスが解消され症状が無くなると言うわけです。

任脈は腹側の正中を、督脈は背中側の正中(背骨上)を通ります。

さらに戸ヶ崎先生は根本的な体質を変えるうえでも此の任脈・督脈を重要視しています。先生は主に督脈上の圧痛・陥凹(へこみ)を探り、そこへお灸をしています。

実技でも棒灸と直接灸を使い即席モデルの症状を取っていました。

私も任脈・督脈の反応を見てお灸をすることが多いです。当院では腰・肩・膝等の痛みを扱うことが多く、督脈へのお灸が多いですね。

背骨上を指でさすると、反応が良くわかります。その反応も人それぞれで面白いです。反応の出ているところはスッと手が止まり「ココだぁ!」と直ぐ分かります。

そういったところを指先で探ると痛いことも良くあります。患者さんは、「骨の上だから痛いんだろう?」と仰いますが、そうではありません。正常な場合は痛みはないんですね。

なぜ整形外科医は整体・カイロを勧めないのか?

小林誠の本.jpg帝京大学整形外科医である小林誠先生の著書です。

見出しは整体・カイロとなっていますが、ある意味鍼灸についても言えることです。

慢性腰痛の85パーセントは原因不明です。これは明らかな椎間板ヘルニアなどの脊椎の変化、腫瘍、骨折などが原因で無い腰痛を指します。

このような腰痛の原因は筋肉からの痛み、関節(椎間関節・仙腸関節)の痛み、椎間板からの痛みの3つに分けられるのですが、今の現代医学診断法ではその何れかと言うことが判別することができません。

しかしこう言った痛みには鍼灸・整体・カイロなどが効果的であることが多いのですが、悲しいかな大学の医学部の教育では教えられることはないのです。

医師自らが興味を持たない限り、その効果については分からないと思います。

 

この小林先生の本では整形外科医のそう言った疑問点について上手く説明しています。興味のある方は一度お読みになると良いでしょう。

ブラジル人の治癒力に驚き!

以前はブラジル人の方がよく治療に来ました。しかし、リーマンショックによる景気悪化の後、ウチへの来院もグッと減少しました。

ところがここ最近になりボチボチと治療に来るブラジル人の方々がいます。

彼らを治療して感ずるのは、治癒力の強さです。身体が素直なのか、鍼を信ずる力が強いのかは分かりません(信ずるとか云々言っていると、非科学的だとお叱りを受けそうですが)。ま、驚くほど鍼が効きます!今の日本人の体質が悪いのかもしれませんが。あれほどの酷い痛みが1〜2回の治療でかなり和らいでしまうのです。だから、彼ら独自のネットワークで鍼を勧められ、当院へ来るようです。あまり鍼について知識が無いだけに、素直に治療を受けているのも事実です。だから、マジックだと感ずるようです。

慢性の痛みとの付き合い方

 我々の鍼灸院の扉を叩く人の多くが慢性の痛みに悩んでいる方でしょう。勿論、ギックリ腰や寝違えと言った急性の痛みも鍼灸が良く効く症状ですが、治療するうえでのポイントに違いがあります。急性の症状は、痛みが無くなれば治療は一応終了です。しかし、長年患っている慢性の症状では、

痛みが消えた終了 

とはなりません。少し疲れが溜まってきたり、無理をすると、痛みが再発します。完治させようと焦らず、痛みと上手く付き合っていく必要があります。定期的に治療し、痛みを再発させない工夫が大事です。

ドイツ製ライ麦パン

N3U0370.jpg雑穀がダイエットだけでなく、健康にも良いことはお話しました。私がよく朝食で食べている物にライ麦パンがあります。パン屋さんで作っているライ麦パンではなくてドイツから輸入されているモロ雑穀のパンです。普通売っているライ麦パンはライ麦と小麦粉を混ぜ合わせています。何故ならライ麦だけでは固まらないからです。

私が食べているのは普通のライ麦パンとは食感は違います。ボロボロとしてますが、一度填ると止められません。ライ麦特有の酸味も十分あり、とても香ばしい味がします。そのままでも食べられますが、サッとトーストした方が食べやすいと思います。お好みで野菜やハム・チーズを載せて召し上がるのも美味しいと思います。

日本に輸入されているのはメステマッハーデルバと言うメーカーのパンです。どちらも混ぜ合わせる材料により数種類発売しています(亜麻仁やゴマ、大麦、オーツ麦など)。

なぜ植物性タンパク質か?

人間の体を作る一番大切なものはタンパク質です。タンパク質の代表選手は筋です。

では、そのタンパク質を作るにはどうすれば良いのか?

それはタンパク質を摂ることです。

ここまでは栄養学の教科書に出ていること。

問題はどのようなタンパク質を摂るべきかと言うことです。

タンパク質の質から言うと、動物性であれ植物性であれ、そう違いはありません。

が、

動物性蛋白質 たとえば牛や豚を摂取した場合、必ず悪玉コレステロールのもととなる、飽和脂肪酸をとることになります。

だから努めて、植物性タンパク質である大豆や小麦(ただし精製した白い小麦は×)や穀物から摂るようにするべきなのです。

あと、魚・鶏肉もグッドです!

私のお薦め食品(ナッツ)

健康の為やダイエットのために脂肪の摂取を嫌がる人がいます。しかし人間の身体には脂質(脂肪)はな

N3U0368.jpg

くてはならないものです。問題は摂取する脂質の種類です。動物性脂肪は悪玉コレステロールを増やすため、あまり多く取るのはよくないでしょう。しかし、植物性脂肪は返って取る方が身体にいいのです。特にナッツ類は栄養的にも非常に優秀です。

買う場合に注意して欲しいことは無塩・ノンオイルということです。無塩のナッツは甘みがあり、とても美味しいです。小腹が空いた時など甘い物を取るよりアーモンドやカシューナッツ、くるみ等を食べると良いでしょう。

ただし、いくら植物性脂肪が良いからと言って過剰に摂取するのは良くありません。アーモンドで1日23粒(1・2・3と覚えましょう!)食事と一緒に摂る場合は、その分のトータルカロリーを減らすことは大事です。

炭水化物の取り方に注意!

炭水化物は、体内に入ると急激に血糖値を上げます。そして急いで膵臓からインシュリンを放出し、また急激に血糖値が下がります。

結果、直ぐお腹が空くということです。

ライ麦・玄米・オーツ麦などの雑穀が身体に良いという言うのは、消化吸収に時間がかかるからです。そのため、急激に血糖値が上がることがなく、空腹を感じられるまでの時間も長くなります。

甘いジュースやスポーツドリンクは、なお危険です。運動で補給するのでなければ飲んでは行けません。あれは砂糖水を飲んでいるようなものだからです。

ハーバード式ダイエット

N3U0367.jpgダイエット法の一つにハーバード式という方法がある。

糖質を少なめに、植物性タンパク質・植物性脂質を中心とした食事である。

この食事法は、ただ肥満を解消するだけでなく病気にならない身体を作ることを目的としている。

 

食事は身体に直接入るだけに、一番健康に影響することは理解できる。

空気より重要である。

全粒穀物(玄米・大麦・ライ麦など外側の殻も含めた物)は毎食

キャノーラ油・ひまわり・オリーブ・大豆などの植物性油

野菜(但しジャガイモなど芋類は控えめに)は多めに

果物・豆・ナッツ類も多めに一日1〜2回

魚・卵・鶏肉は一日に0〜2回

乳製品は一日に1〜2回

赤身肉・バターは控えめに

パスタ・小麦粉・米・砂糖・芋は控えめに

 

あと適度な運動

これにより健康な身体が作られる。

今食べている物は10年後の貴方の身体を作り出すと言うことを理解して食べるようにしましょう!

お問い合わせ

 

お気軽にご相談ください
0761-21-8409

受付時間 :
 9:00〜12:00 /15:00〜20:00

木曜午後・日休診(祝日は診療)

      完全予約制

フォームからのご相談はこちら

ファシアスリックテクニック(筋膜リリース)での頚の痛み

先日より頚の痛みを訴えて来院された患者さんを診ております。

夏前より頚部の痛みがあったようですが、そのうちに治るだろうと放っておいたのですがなかなか症状の改善はなかったようです。インストゥルメント

診ると首を左右に捻ると右の首に痛みがあります。

首・肩に鍼をしてみました。

若干痛みは和らいだようですが、首を捻ると強い痛みがあります。

ではと早速ファシアスリックテクニック(で首・肩の筋膜にアプローチしてみました。

専用インストゥルメントSCANDSLiCK PRO(スキャンドスリック)で施術開始。

数分施術後、首を捻っていただくと、若干ツッパリは残るものの痛みは消えてしまいました。

いやいや 驚きです!

 

▲このページのトップに戻る