腰椎椎間板ヘルニア・頚椎症性神経根症の鍼治療

当院では腰椎椎間板ヘルニア・頚椎症性神経根症の患者さんが沢山来院されています。

どちらの場合も神経の出口周囲で神経が腫れていますから、治療には時間が要します。

この7月2日に初めて来院されたTさんですが、連日熱心に治療にいらしてます。

初診時はベッドに横になる、起き上がるという動作で足へ「ピピっ!」と激痛が走り暫く動きが止まる状態でした。

うつ伏せなどは無理ですから、横向きに寝かせての治療です。

鍼治療が終わった直後も症状にはすぐに改善はなく、ご本人は不安だったでしょう。

しかし、私の注意事項を守り治療を継続した甲斐があって、今ではスムーズに動けるようになりました。

今日も治療を終えて、笑顔で帰っていきました。

全快にはあともう少しでしょう!

▲このページのトップに戻る