継続することの難しさ

身体に痛みがある時や、調子の悪い時は、「体のために何をしたらいいのだろう?」「ストレッチもしっかりやらないと!」と身体のためになることを真剣に考えるものです。

しかし、少し調子が良くなってきたり、症状がなくなると次第にやらなくなります。

また、思うように結果が出ないときも、徐々にやらなくなってきます。

基本、そのような身体にためになることは、自分自身を制限したり、これまでの生活を変えたりと、楽しいことではありません。

楽しいことだと、人間絶対忘れません!

だから、すぐ忘れてしまって、ついつい明日に延ばし、明後日に延ばしとなり、ついにはやらなくなってしまいます。

本当は楽しい方法があればいいのですが、なかなかそう言うわけにはいきません。

大概の人はこのようなことを繰り返しています。

継続できるというのは並大抵のことではないし、それができる人は凄いと思います。

私も腰痛持ちで、調子が悪くなると、自分で鍼をしたり、筋トレをしたりとしてるのですが、調子が良くなると忘れてしまっています。

先日も、うっかりと腰を痛めてしまいました。

こんな腰痛は数年ぶりです。

そう言えば、ここ半年、鍼治療をしてませんでした。

ストレッチもさぼっていました。

やはり継続しないとダメですね!

▲このページのトップに戻る