ためしてガッテン 逆子(さかご)

昨日のNHK放映の「ためしてガッテン 鍼治療SP」は、とても良い内容でした。

一般の方には鍼で逆子(さかご)が治ると言うのが衝撃的だったのではないでしょうか?

逆子の鍼灸治療は石野信安氏が逆子(さかご)に対して足首の上にある三陰交というツボにお灸をすことを論文紹介したことに始まる(それ以前の出典は調査中)。

今回の放映では鍼をして胎児が動くことが紹介されてましたが、鍼をするのは私も初めて見ました。

私のところではこれまでお灸で治療しています。

だいたい30週までなら9割治癒しています。

それ以上になると胎児が大きくなってくるので、治らない場合が増えてきます。

現代医学では逆子(さかご)の場合、帝王切開となることが多くなりますので、トライしてみる価値はあります。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20190220/index.html

▲このページのトップに戻る