頚部神経根症(頸椎椎間板ヘルニア)の鍼灸治療

昨日、来院された患者さんですが、首から肩甲骨と左上肢の痛みを訴えてました。

左中指・薬指にもシビレがあります。以前患っていた頚部神経根症です。

過去にも3度、同じ症状で来院されてますが、いずれも鍼灸治療にて症状が緩解しています。

ひどい時には夜眠ることも難しい状態でした。

今回は、そこまで症状は強くなく、寝始めは痛いようですが、そのうち寝入って朝まで問題なく寝ています。

おおよそ数回の治療で5割方症状は和らぐでしょう。

原因は、加齢による椎間板のヘタリ(椎間板ヘルニア)や、椎骨の変形により神経が刺激されて起こります。

指が思うように動かない、歩行困難と言った頚髄症状が出ていなければ、鍼灸治療がお勧めです。

規則通り鍼灸治療を受けて行けば約1か月で症状は消失していくことでしょう。

早期から治療を開始すれば指のシビレも消えてしまうことは多々経験しています。

今後、どのように改善して行くか注目です。

▲このページのトップに戻る