痛み・しびれが消えるまでの期間

腰椎脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアを含め腰痛には、医療機関では鎮痛剤処方がなされるためか、鍼灸治療でも、1〜2回の施術で痛みを取れること安易に期待して来院される方は多い。

 

しかし、3ヶ月以上、中には1年以上も痛みが続いている場合、症状が慢性化しており、そういうわけにはいかない。

少なくとも、1か月ぐらいの継続的な治療は必要になってくる。

痛みの治療では、スピードが第一である。

だらだら治療をしていると、治療していても慢性期に入ってしまい、なかなか症状が和らぎにくいのを経験的に学んでいる。

痛みの程度は同じレベルが続いている場合、3ヶ月前に治療したのと、今から開始するのでは、症状が和らぐ期間は、3ヶ月前に開始した場合のほうが治療期間は短くなる。

 

なぜなら、慢性化した痛みでは、痛みによるストレスで、脳内で痛みが感じ易くなってくるからだ。

痛みを感じ続けると、血管収縮もあり、痛みの出ている周囲の筋緊張が起こり、それが更なる痛みの原因となる。

そういう痛みの負のサークル(痛みの循環)が出来上がるため、しつこい症状となる。

痛みがあれば早めの処置をお勧めする。

▲このページのトップに戻る