痛みの正体は?

腰椎椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・脊柱管狭窄症の診断だったと当院に来院される方は多いですが、その症状が本当に腰椎椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・脊柱管狭窄症による症状かどうかと、疑問に思うことはよくあります。

整形外科ではレントゲンやMRIの画像しかみません。

画像で異常があればそれを原因であると決めつけますが、画像に異常がないと「何ででしょうね?」とか「異常ありませんね」と言われます。

あとは鎮痛剤と湿布薬で様子見です。

原因が分からないのに薬を処方するのも不思議です(笑)。

腰椎椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・脊柱管狭窄症 それぞれが原因である症状もありますが、そうでない場合も多くあります。

鍼をしたりマッサージしても椎間板の突出や骨のズレは治りませんが、症状が消えたり軽くなったりすることが日常茶飯事です。

私が処置しているものは、筋肉の凝りや硬結です。

その硬くなった筋繊維を柔らかくなるように鍼灸し、そしてファシアスリックテクニック(グラストンテクニック)や徒手によるマッサージでほぐしていきます。

すると痛みが改善していきます。

なぜ、痛みがなくなっていくのでしょうか?

お分かりのように、この筋肉上の凝りや硬結が痛みの原因になっているからなのです。

そしてその痛みの出方にはそれぞれに筋肉にパターンがあります。

そのパターン化されたものがトリガーポイントです。

私は、パターンから判断し、原因となる筋肉・硬結部位を追求し治療していきます。

▲このページのトップに戻る