マラソンレースでの鎮痛剤の服用は要注意!

ランニングを続けていると膝や腰などいろいろな場所に痛みが出てきて困ることがあります。

特に長年レースを目指して走っている方では慢性的に痛みに悩まされています。

痛いながらも練習をしてきて、さてレースとなったとき、藁をもすがるように鎮痛剤のお世話になる方は多いかと思います。

しかし、特にフルマラソンのような過酷なレースでの鎮痛剤服用はとても危険なことがわかってきました。

ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに掲載されている論文には、ランレースでの鎮痛剤服用で心臓循環器系・消化器・腎臓で有害事象が起こることが載っているそうです。

詳しいことは泌尿科医の奥井識仁先生が下記で紹介しております。

消化器のけいれん、レース後の心臓血管系の問題、レース中の心臓血管系の問題、消化管出血、血尿

http://mainichi.jp/premier/health/articles/20170213/med/00m/010/003000c

 

▲このページのトップに戻る